2017年8月23日 (水)

甘酒&我が家のサギソウ

昨日4輪目が咲いた我が家のサギソウです

Photo

☆甘酒(麹)

母が麹作りからよく作ってくれていました。

甘酒といえばこの麹のしか知りませんでした。成人し暫くして酒かすの甘酒があるのを知りました。アルコールに弱い私にはダメです。

時々作っていましたが 今年はどっぷり甘酒作りにはまっています。

魔法瓶でつくったり冬はこたつの中とか色々試行錯誤しましたが 最近は炊飯器1本です。

割合は麹1:水2が美味しいですが よく飲むので1:3の薄甘でさっぱりしたのがほとんどです。以前はおかゆを入れたりしましたが 最近は麹だけで作っています。(画像の色が茶色っぽく写っていますが光線の加減(いえ腕の問題)です。真っ白です)

Photo
65℃位までと言われていますが 蓋をして作った時に高すぎたと思いましたが 酸っぱくもなってなく大丈夫のようでした。あくまで自己責任でお願いします

Photo_2

我が家の炊飯器の保温温度が70℃なので全開しないと高くなりすぎます。時々温度を確認しながら。50℃台の方が甘さがよく出るとか。

最低4時間で甘さは出てると思います。7時間ほど置いたのと変わりませんでしたので。これも自己責任でお願いしますね。

Img_0548

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

生姜の甘納豆&ミヤコワスレ

☆生姜の甘納豆

Photo_2

材料 生姜 

    砂糖  シロップ用  生姜の半分以上

    〃    甘納豆用  生姜の30%以上

    水    生姜の半分

         レモン果汁   適量

    グラニュー糖  適量

作り方(生姜1kg)

① 生姜を1cmぐらいのさいの目に切り 水500cc砂糖500gで30分煮る。

② 生姜と煮汁を分ける。煮汁はそのまま生姜湯用。

③ 生姜はテフロン加工のフライパンで砂糖300gを入れ 煮汁がなくなるまで煮る。

④ 最後にレモン果汁を加え 水分を飛ばし グラニュー糖をまぶす。

灰汁抜きの湯でこぼしをしていないので 刺激?があります。2・3ヶで体がホカホカしてきます。

UPが1ヶ月遅かったです…。寒い時はいいですよ

☆ミヤコワスレ  

花言葉は「わかれ」今の時期にピッタリかも。室内で咲きました。

Photo_3

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

海の幸・山の幸

☆夜泣貝(ナガニシ)

広島県ではよく食されているということですが わが町の山間部までは届きません…。これは愛媛産です。

コリコリとした食感と甘味がありました。が貝殻を割るのが大変だったようです。私 食べるひと…

Photo


☆さざえ(わざわざ書かなくても…)

Photo_2

どこに目があり口があるのかわかりませんが 両方おいしく頂きました

☆イヨカン

「いい予感」で只今受験生に売込み中。皆さんにいい予感が的中しますように。

Photo_3

白も咲きました。

Photo

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

ふるさとの味

緋のかぶら漬け

実家では「ひのかぶ」と言えばこの蕪漬けのことを指していたように記憶しています。

ご近所から赤カブを頂いたので今冬2回目。

食酢でも少し色がでますが やはりダイダイ酢です!マウスを置いて下さいね

☆カランコエ 次々咲き始めました。もちろん室内です。

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

なすジャム&秋咲きマーガレット

秋茄子が沢山採れています。

辛子漬けにも飽きましたので何かないかと検索中、以前ナスジャムが載っていたのを思い出し 検索してみました。

Photo_3
↑砂糖を加えて暫く煮ます。

Photo_2

Photo_4

Photo_6


Photo_7

黙っていればリンゴジャムのようです。一度お試しあれ

☆材料

 なずび 

 砂糖…皮をむいたなすびの50㌫以上。お好みで。

 レモン汁…適量

☆反省点

もう少し小さく切ったほうが良いかもしれません。それか出来上がったらフードプロセッサーにかけてとろみを出せばジャム本来になるかなと思います。

☆マーガレット

Photo_4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

ゆずシロップ

ゆずの丸煮は毎年恒例にしていますが 今年は生のままを氷砂糖につけたのをお茶として飲ませてもらいました

とてもフレッシュ感(当然)があり美味しかったので挑戦してみました。

ゆずと氷砂糖は同量です。(少し瓶が大きすぎ…)

種にも栄養素が多いとのことで一緒に浸けましたが…。

氷砂糖は数日で溶けましたが右は2週間経っています。

ネット情報では一年保存可能とか。1ヶ月ほどで完売?でしょう。

(画像のサイズが同一でないのには目をつむってくださいね

Photo_4

おいしく頂いています。ありがとうございました

☆デンマークカクタス

 今満開です。この子は数年前に瀕死の状態になったためか大株になりませんが10年選手です。

Photo_3

Photo_6


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

我が家の秋③

栗が沢山採れましたので久しぶりに渋川煮を作りました。

Photo


残りは栗ご飯に

Photo_2


秋晴れの1日が栗の皮むきで終わってしまいました~

少しは冷凍保存をと思っていましたが お墓参りに来てくれた親類に 子供たちにとすぐ完売?しました。

今 見頃を迎えています。

Photo_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

ダンボール堆肥

循環型農業!

畑の草や落ち葉は屋外に設置しているコンポストで堆肥を作っています。田舎ゆえ設置場所は選り取り見取り

以前は台所の生ごみもコンポストに入れていましたが 夏どうしても虫が成長してくれます。(まー将来的にはこれも堆肥の要素?)

生ごみダンボール堆肥を教えてもらって約一年 落ち着いてきました。

夏の虫は全くとは言えませんが居りません。

色々な方法がネットでもUPされていますが 私はもみがら薫炭3:ピートモス4の割合の床に入れています。

冬日でも最高35℃ぐらいまで上昇します。匂いはほとんどありません。しいて言えば堆肥の匂い。

Photo

生ごみ投入し始め2週間ぐらい経っています。

さらに2~3週間後
塊になっています。温度は下降状態です。これで時々かき混ぜながら1ヶ月ぐらい置いたらサラサラになるはず…。

上記から3ヶ月ぐらい経ちました。

卵の殻とか種とか固いものはまだ残っている時がありますが 無視して(あくまで自己責任で)畑の土と混ぜて作物の植え付け準備です。最短で2週間ぐらいおいています。

卵の殻は時々畑の中から出てくることがありますが いつの間にか土にかえっているようです。

お色直し

Photo

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

旬の宅配便

①今年も届きました

今年のは国内メーカーだそうです。大手以外にもいろいろ会社があるんですね。

Photo


②いよかんその他柑橘

いつも美味しいですが 今年のは特に甘く感じます。

Photo_2


おまけ

今朝8時頃 南の空を何気なく見ていたら 「まだ居るんだよ~」と声をかけられたような気がしてパチリ

Photo_3

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

冬の一こま

☆朝の始まり~

オレンジカラーがなんとも言えない暖かさを持っていましたが 画像では今いち…。

Photo
☆ ある日のしまなみ多々羅大橋

UPするのが遅くなり「ある日~」になりました~

何気なく前を見ると正面にお月様が。あわてて数枚撮った一枚のみがUPできました。(助手席からです。念のため)

Photo_2

☆「寒いのに咲いています」と毎年UP (アセビ)

Photo_3

| | コメント (8) | トラックバック (0)